カンボジアの外国人研修生は非常に優秀

最近、外国人研修生が日本に多く訪れています。

特にアジアの中でもカンボジアから訪れる若者が多く見られています。

カンボジアの外国人研修生のサイトが登場しました。

カンボジアは東南アジアのほぼ真ん中に位置する国で、隣国にはベトナム、ラオス、タイがあります。


首都はプノンペンで、北部の都市シェムリアップは正解遺産で有名なアンコールワットがあり、毎年多くの観光客が世界中から訪れています。
仏教国で非常に信仰が厚く、温厚な民族ですが、1970年代には政情が非常に不安定になり、国は混乱に陥りました。

90年代以降は、PKOの平和維持活動などで少しずつ政治も安定し、2000年代に入ると、多くの外国企業が参入し始め、経済振興に貢献しています。

もちろん日本も、インフラの普及や地雷撤去や教育活動などでカンボジアに貢献し、今でも地元の人から尊敬のまなざしで見られています。


日本に憧れを持っている若者たちも多く存在しています。
昨今、日本は生産人口が減少しつつあり、特に第一次、第二次産業に対する人口が激減しています。



一方でカンボジアは生産人口が増加している中、都市部以外では主要な産業がないため、多くの若者が就業の機会を欲しています。
そのため両国間で若者を外国人研修生として日本へ送り出し、就業の機会を提供し、技術、技能、知識、教育などを学ばせ、一定期間日本で働いた後で母国へ戻り、産業の発展や経済振興、後継者育成を行っています。



外国人研修生の日本での主な就業先としては農業、漁業、林業、製造業、食品加工業などがあり、多くの若者たちが働いています。今後も多くのカンボジア人が外国人研修生として日本へやってくるでしょう。